人間は、9つの法則で動かされている?

法則.jpg

いつものように、何気なくテレビを見ていると、面白い内容の番組をやっていました。

それは、人間はある法則によって動かされているということです。


「フライミング効果の法則」
人間は、自分の意思で動いているのではなく、ある法則によって支配されている。


ということで、9つのとても興味深い事例が、日常生活の中で法則として存在しているのです。


この法則については、生活経済ジャーナリストの、いちのせかつみさんが説明していました。


それでは1~9までの法則を、順を追ってあげていきましょう。






① メラビアンの法則


初対面の人の印象や、その方がどんな感じの人なのかは、見た目の印象で決まってきます。

その人が親しみやすい感じに見えるのは、服装やメイク、ヘアスタイルや装飾品やバックなど、自然な感じでナチュラルな、誰でも声をかけたくなるような印象を持っているからだと思います。

接客業やセールスなどには、知っておくと良いかもしれませんね?




②リトルの法則


よく行列のできるラーメン屋さんとか、飲食店とかありますが、あまりに長い行列を見ると、並ぼうかどうしようか・・迷ってしまいますよね?

そんな時にこのリトルの法則が、役に立ちそうです。


まず1分間だけ最後尾に並んでみます。行列の人数はあらかじめ把握していて、1分経ったところで自分の後ろに何人並んでいるのかを確認します。


30人の行列で、1分間で後ろに並んだ人数が3人であれば、30÷3=10となり、入店するまでの時間は、約10分となるわけです。

実際にテレビ番組で検証してみました。


23人の行列で、1分間で後ろに2人並んだので、23÷2=11分30秒となり、実際には12分9秒で入店できたのです。
この実験で、ほぼ間違いないことが実証されました。これから行列を見ると、実験の為に並びたくなってしまいそうですね?




③ピークテクニックの法則


こちらも街角で面白い実験をおこなって、実証されている法則です。

道を歩く人にアンケートを求める時に、

「すいません、1分だけアンケートをお願いしてもいいですか?」

と声をかけると大体の方が、今時間がないので・・・と断られると思います。

そこで、

「すいません、48秒だけアンケートをお願いしてもいいですか?」

と声をかけたらどうでしょう?


なんで中途半端なの?と、気になり、つい足を止めてしまいそうになりますよね?

そして、本当に48秒間で答えられるアンケートなのか、つい試してみたくなりますよね?


これが、ピークテクニックの法則で、値札などにも切りの良い540円という数字を付けるのではなく、敢えて538円というちょっと考えてしまいそうになる数字を付けているお店さんが多いのもこれです。




④Zの法則


よくスーパーなどのチラシで、たまごやラップが特売品として載っていることがあります。

一番目につくところに、特売品やお店側が売りたい物を載せておくと、自然とそこに目が行き、集客にも繋がるという法則を使っている商店があります。

アルファベットのZの位置に、売りたい物を配列するだけで、その物が売れるなんてちょっと考えられないことですが、人間の心理をついた販売方法に、このZの法則は活躍しているようです。




⑤ゴールデンラインの法則

こちらもお店屋さんには必見の法則です。

商品を陳列する場所って、重要ですよね?お店に入ってまず目が行くのは、やはり目線の高さにある商品ですよね?

床から140㎝と135㎝の10度の位置に、売りたい商品を陳列するのが、すぐ目が行き良いみたいです。




⑥ミラーリングの法則

よく、あっち向いてホイ!で、相手の指を見て誘い込まれて、そちらの方向を向いてしまうってことがありますよね?

これは、実は相手の指を見ているのではなく相手の目を見ていて、知らず知らずに相手の視線の先へ誘導されているのです。


他にも、街角で前方から歩いて来る人とぶつかりそうになる時がありますが、これも相手の目を見ていて、その視線の先に誘導されてぶつかりそうになるみたいです。




⑦マジシャンズセレクトの法則

最初から最後まで自分で選択して決めた答えだと思っていたことが、実は誘導されてその答えを導き出されたということが、人間の心理をついたマジックなどで見たことがあると思います。


何枚かの写真から1枚ずつ選択していって、最終的に全ての人が1枚の写真を選択する・・・
とても不思議なことだけれど、それがマジシャンズセレクトの法則というもので、必ずその写真を選ぶように仕向けられているのです。




⑧イエスセットの法則

全ての返事を肯定的に、イエスで答えさせる法則で、相手に信頼感を与えて、その場の雰囲気も和み、初対面でもリラックスできる関係が築けて、交渉の時には得策とも言えます。


例えば、

「今日は寒いですね?」

「そうですね。」

のように、全てイエスで返ってくるように、問いかけるような会話をしていくのです。


その場の雰囲気が、和みそうですね?





⑨アンカリングの法則

よく商店などで見かけますが、定価6000円の商品に赤字で1000円と書かれている値札を見ると、なんだかとってもお得な感じがして、それほど欲しくもないのに、つい買ってしまうことってあると思います。


他には、会社の上司に資料を頼まれて、一週間後に提出しますと伝えておいて、実際には3日で仕上げて提出すると、上司もこの資料は優先してやってくれたんだと、一目置かれるようになるわけです。





以上のように、9つの法則によって私たちは動かされていることがあるのです。自分の意思で動いていたことが、法則によって動かされていたなんて、考えただけでもなんだか複雑な気持ちですよね?


それほど人間の心理は、規則正しく働いているということを知り、もっと自分自身を見つめ直していこうと思いました。







この記事へのコメント

スポンサードリンク