ワンニャンの世界はいつの時代も人気者~ 犬年に空前の猫ブームで、インスタ映え!

以前の飼育実態調査では、犬と猫では犬の方が200万匹以上の差がありましたが、2015年の調査をみると、犬が991万7000匹で猫が987万4000匹とあまり大差はなくなってきていて、ほぼ犬の飼育数を抜いてしまっているほど猫の人気は急上昇しています。



わんにゃん.jpg







猫が人気ある理由とは?




やはり毎日、散歩に連れていかなくても良いので世話が楽ということと、犬のように吠えないので近所迷惑にもならずに済み、大変飼いやすいところでしょうか?





他には犬には座敷犬と違って大型犬もいて、子どもの時には小さくて可愛かったのに成犬になると体が10倍くらいになって、家の中では飼えずに庭に犬小屋を作って住まわせることになるので手間もかかり、いつも一緒にいられるというわけでもないので、飽きられてしまうのかもしれません。






そして、高齢化社会が益々進んでいくと散歩などの世話も難しくなり、結局手放してしまう結果になるので、初めから猫を飼う人が増えてきているのだと思います。



猫.jpg



猫は仔猫から大人の猫になっても、それほど目立って大きくなることなく、キャットフードの量も徐々に増えていく感じで経済的なところも人気の秘密なのかもしれません。






そしてまん丸な顔も猫のチャームポイントで、マスコットやアクセサリーにしやすいのも猫の人気をアップしている要因になると思われます。















犬は人に付くが、猫は家に付く





私の家でも猫を飼っていたので、猫の性格などはよく理解しているつもりですが、その時よく耳にしていたことで、





「犬は人に付くが、猫は家に付く」




という言葉を知り、確かに犬は人間に忠実で、家族の多い家では、犬は忠誠を誓う順番を付けているようで、自分より下に見た人間に対しては噛み付いたり、暴れたりするそうです。






その点、猫は自分も家族の一員となって、外に遊びに出かけても必ず家に帰ってくるという、帰る家があれば安心できて、まるで人間のような性格をしているので、機嫌の良い時と悪い時の態度が全く違うのです。











犬と猫のトイレ




犬はお散歩に行く時に、トイレも一緒に済ませたりします。






いつも通る道に立つ木や電柱に、片足上げてのポーズでちょっとずつマーキングをして行きます。


犬 トイレ 外.jpg




もちろん家に帰ってきてからもトイレはしますが、猫のような砂をかける仕草は見せません。







猫の排尿排便はかなり臭うので、猫は一生懸命砂をかけて臭いを防ごうとします。






臭い匂いは外に出してしまうので、猫の体臭は意外と臭わないのです。




1週間に1回体を洗うだけで、後は自分で体を舐めて済ませてしまうので、その点も楽です。








犬はトイレはそれほど臭わない代わりに体臭がきついので、体はこまめに洗ってあげなければなりません。












猫のキャラクター




猫は体をよく舐めているので、1980年代に「舐めんなよ~~」と仔猫に学ラン着せてハチマキさせた暴走族のなめ猫が一躍ブームになりました。



そしてその写真がいろいろと商品化され、飛ぶように売れました。





その他、サンリオキャラクターのハローキティーや、ネコ型ロボットのドラえもん、魔女の宅急便のジジ、絵本の中からはダヤン、猫の恩返しのバロン、そしてトムとジェリーのトムなど、猫のキャラクターも犬のキャラクターに交えていろいろと商品化されました。




ハローキティー.jpg









犬のキャラクター



犬のキャラクターやアニメもかなり沢山ありますが、やはり人気はピーナッツに出てくるスヌーピーだと思います。



大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンでもスヌーピーのアトラクションや、スヌーピーグッズが売られています。






その他、ソフトバンクCMのお父さん、ディズニーキャラクターのプルート、フランダースの犬のパトラッシュ、アンパンマンに出てくるチーズ、忍者ハットリくんに出てくる獅子丸、アルプスの少女ハイジに出てくるヨーゼフ、もののけ姫に出てくるモロなど、まだまだあげればキリがないですが、人気のキャラクターは沢山います。



スヌーピー.jpg





まとめ



犬が勝つか猫が勝つか・・・ということですが、ワンニャン共々愛されキャラなので、どちらも飼い主さんにとっては可愛い存在なので、一緒にアイドルキャラとして進化していってほしいと思います。





他にもうさぎキャラではミッフィーやマイメロディ、ピーターラビットや幼児絵本からはノンタンなどあり、キャラクターに癒される時もあるので、やはり近くに置いておきたい存在ですね?




今後もキャラクターは増えていくと思いますが、やはり本物が一番可愛いと思います。









ワンニャンたちを上手に飼育してあげられるといいですね?








最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。



この記事へのコメント

スポンサードリンク