携帯電話・大手3社の料金プランは、ユーザーファーストではなく会社オンリー?

朝の情報番組「スッキリ!」で紹介していた大手携帯電話会社の料金プランを見て、ソフトバンクもドコモもauも似通ったプラン体系ということがわかり、利用集客を見込んだ家族割の人数プランに力を入れていることが確認できました。



大手携帯会社.jpg







どのような料金プラン?



従量定額制と大容量定額制と大きく2つに分かれていて、従量定額制のプランを比べると、ソフトバンクとドコモは4つの料金プランに分かれ、auは3つの料金プランになっています。




それでは、順番に見ていきましょう。










ソフトバンク



従量定額制(ミニモンスター)


~1GB 2,480円


~2GB 4,480円


~5GB 5,980円


~50GB 6,980円






大容量定額制(ウルトラギガモンスター+プラス)





50GBとSNS使い放題 5,980円





YouTube動画など、通勤や通学時に(移動中のバスや電車の中)ギガノーカウントで楽しめます。







撮ったその場で写真や動画をインスタグラムなどに、ギガノーカウントで楽しめます。





長編映画や音楽などを好きな時に、ギガノーカウントで楽しめます。






速度制限に悩まされることはありません。





大手携帯会社3 お父さん.jpg


~5GBと同じ料金であるなら、誰しも使い放題のウルトラギガモンスター+プラスにすると思いました。












ドコモ


従量定額制(ギガライト)


~1GB 2,980円


~3GB 3,980円


~5GB 4,980円


~7GB 5,980円





大容量定額制(ギガホ)


30GB 6,980円











au


従量定額制(新auピタットプラン)


~1GB 2,980円


~4GB 4,480円


~7GB 5,980円





大容量定額制(auデータMAXプラン)


上限なし 8,980円







以上のようにドコモやauは、大容量定額制の料金が一番上回っていて、分かり易く設定されています。




大手携帯会社2.jpg











auの新料金プランとは?(今年6月から)




auフラットプラン7プラス


データ容量7GB+SNS使い放題(インスタグラム・ツイッター・フェイスブック・メッセージ)




基本料金 5,480円/月





そして家族割引や自宅のネット契約で、最大2,000円の割引があります。









auデータMAXプランでは、データの容量上限がなくて、




基本料金 8,980円/月




家族割引や自宅のネット契約、キャンペーンなどで、最大3,000円の割引があります。








家族で使用人数が増えていくと、益々安くなっていきます。







スマホ.jpg






お得なプランを選ぶ前のポイント!




1. 自分のデータ通信料を把握しておくこと



2. 携帯会社は家族一緒に使用



3. 携帯会社の変更は慎重に







以上の点に気を付けて、料金プランの見直しをした方が良さそうです。












まとめ



携帯料金プランは、窓口で説明を受けてもなかなかすべてを把握することが難しくて、実際使ってみて容量が足りないようなら次のギガ数に変更すれば良いし、それほど使っていなければその下の容量に変更すれば良いと思いました。





そして以前は、使わなかった容量を次の月に持ち越せていたのですが、それもなくなってしまっています。







ユーザーメインではなく、携帯会社が有利なプランを打ち出して、顧客獲得合戦をしているので、使い勝手が良いのかどうかの判断はなかなか難しいと思います。






毎月毎月かかってくるものなので、家計を脅かさない程度におさめておきたいですよね?








私はauを使っているので新プランに期待して、良ければ変更したいと思います。










最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。




次の記事も面白いので、是非ご覧になってみてください(´▽`*)



この記事へのコメント

スポンサードリンク